GO HOME
ログイン LOGIN
ID
PW
次回から
ログインを省略
- ID、パ スワードを忘れた
- IDを取得
Open all | Close all

昨日 : 100 今日 : 6
最大 : 11,009 全体 : 1,213,291

 2017年 12月
     
      

HOME > 試聴後のご感想やご意見 > リディーマー試聴後のご感想やご意見
   
  フランホーヘル (Fraunhofer) 研究所は違わなかった .... [1次 機械 翻訳です] + -
  名前 : Avalon     日付 : 11-12-03 16:19     見る : 4398    
 
私は今会社で運用中のこのシステムを持つ前には、 "スタジオ録音"が好きではなかったです。
 
人為的な操作が加えられたという感じが確実に近付いて止めて私には "拒否感"で作用したんです。
 
しかし今ではないです。
スタジオ録音でも, 現場録音でも ....
これからはこの録音をしたエンジニアの意図とミュージシャンの演奏が真正性を持って近付きます。
 
いよいよ音楽に対する偏見と先入観を振り落とすようになったという話です。
それもこの粗末なシステムでね ....
例えば ....
Kanye West という私には聞くことも見ることもできない。
 
ザブノムのような演奏家の 808s & Heartbreak イランアルバムを気持ち良く聞いているからね ...
ここで私の王 永常先生、に対する知りたい事一つがとけました。
 
" どうして王 先生は、ユティユブの音源をブルログと日本サウンドアートホームページにあげることだろう? "
答は明確です。
 
" 野. を. 万. する .... !! "  それも無損失音源と比べて遜色が全然ない ....
こんな状況が想像になりますか?
 
今、私が聞いている人々の音楽は、
 
私がその間聞いて、見た、どんなシステムでも、聞くことができなかった、音楽を聞かせています。
 
蟹に ...
皆さんのシステムで、
Michel Rabin が演奏する Paganini Caprices 5番(回)を、満足に、聞いて見た事ありますか?

まさにこのアルバムです。
 
このアルバムの無損失音源とユティユブの
http://www.youtube.com/watch?v=bLCJNxOXO2M  この音源との差がゾングイッザングに過ぎなければ ...
皆さんは 、私に "米. 親. すごく ... !!"   これと言う言葉を躊躇しないだろう。
皆さんが 、見ていらっしゃる 、私の事務室システムは 、もう ...
EPICURE スピーカーと AURA アンプと中国の名前ない会社の無線 DACを通じる再生システムではないです。
 
王 永常先生 のシステムであることですね ....
万が一このシステムと一緒に構えてこんな音が出ることとは想像しなくください 。
 
絶対そんな音は出ないだろうからだ 。
私はこれから ...
路線を変更します 。
純粋に "大規模の資金でこんな音をチープに供給する"と言うヤムルタックジン夢想を捨てて、現実的に皆さんに近付こうと言う考えをするようになりました。
 
価格は皆さんの小面憎い期待を忘れるはずです。 ^^!
それがいつ成り立つかはまだ分からないです.。
 
ただその時期が近付いた時 ....
工産品としてのオーディオではなく芸術品としてのオーディオを想像してくださるのをお願い致します。
 
 
---------------------------------------------------
 
*   下は私のシステムを聞いた方々の所感です。

 
*   musuny12011/11/08 20:13 返事|削除|申告
 
この前に社会的に大きい成功の境地にいらっしゃる先輩と長い間、何年にわたって対話を交わして、見たがある日人生先輩として大きい知恵のお話を通り過ぎて一言投げてくださいました。
 
 " 年を取るほど気持ちをよく制御しなければならない "と言うお話ですね .....
生の余裕が生ずるほどまたはシェルター,  喜びの方便で極めて好きな何かに沒入するようになる時が来るというのにさまざまがあります。
 
自分の愛するオーディオは実は魂があった絶対理想郷の個人世界です。
 
それはすべてをかけている積極的な気持ちの世界, 味の世界だとします。
 
そのため, 各自分の考え経験世界に根拠した悦楽のオーディオ再生音の境地は不可侵領域です。
 
しかし, この領域もちょっと個人自尊心に縛られていると言うのが実はです。
 
厳格にただ正確な再生音の立場(入場)でまともにその音のみを眺めると絶対境地に至ることができます。
 
事実、オーディオもデザイン、価格, 大きさ、流行このようなものでザユロウルスンないです。
 
すべてが良いのが当然商品性があって多くの面でズルゴウルスありますね ....
現実がこういったことと繋がれにくければそのまま絶対再生音の世界で完全な再生音を捜さなければなりません。
 
今度視聴した Avalon 様のサウンドは、一言で、各音楽たちに盛られた音楽情報量をほとんど 93% 以上引き出して、
インティエムプ、スピーカーを通じて、そのスピーカーのハンギェチまで末まで再現、その事務室 30坪身近になる空間を一緒にして忠実度がすごい音楽を描き出していたんです。
これが重要です。
 
どんなスピーカーでもそのスピーカーのハンギェチまで、まともに能力を発揮するようにすること !
そのため、各音楽たちが持っている音楽情報量を最後まで逃さないで再現、演奏現場に近くしてしまうこと !
これがまともにできたオーディオ再生音です。
 
各システムの体級に当たるように空間が設定されれば当然もっと完璧な演奏現場が再現になります。
 
このシステムとしては、あまりにも大きい空間であったが、それでもそのスピーカーの極限まで鳴らし出したから演奏現場を素敵に作り上げました。
 
まさに私の前で音楽が、正確と自然に、まともに演奏されているという強い感じを受けました。
 
歌手たちの加減しないありのままの人間の声そのまま。
 
各楽器たちの正確な楽器音色, ダイナミックそのまま。
 
そして, 彼らの似合い出す演奏現場の正確な空間感の再現。
 
これはすごい境地中の一つです。
 
 
*  オーディオ評論家ギムザングソブ
odan20002011/11/30 00:21 返事|削除|申告
 
こんにちは?  ギムザングソブ先生
先生表現が 0.1 デシベルでもトルリムオブダヌンゴッに同意します。
 
音楽を聞かせる作品と思います。
私の表現力が不足でこんなにしか表現にならないですね。
 
この芸術品に会うためにそのように長道を歩き回ったようです。
 
短い私の経験だが、 'あ~~低システム持ってからはたい ' は気がした 。
 
時が多くはあるが必ず!  がジョヤゲッダは巻くことでも品物はないようです 。
 
お金もなくてコネもなくて 、
この作品を経験を一瞬間 、ただ ... 定期号御兄さんに感謝するだけです 。
 
その後 、オーディオ這うのに大韓好奇心は、本当に全部消えて、ゴングホハムだけ、私の周りをくるくる回わりますね~
私も御兄さんおかげさまで今満足した音楽を聞いています。
 
私のすべての熱情と熱望で、この作品が、もう私の空間に一緒にあるようになりましたね。
 
ありがとうございます。
 
御兄さん!
多分私の家のような聞き取り空間は、なさそうです。
 
縦横 2.5m-1.8m. スピゴガンの距離 1m 程度 . 聞き取り距離(通り) 1m.
後側は窓、横向きは天井まで触れたやや小くて長いだんす 。
 
臨時居所だと、大まかにこんな服部屋で、音楽をドルウリとは絶対不可能だ思ったが ...
御兄さん、事務室のオーディオシステムを経験して、今こんなにコンピューターに連結して聞いています。
 
一言で今私はレノドコーヘン公演場へ来ているようです。
 
少し後にはバーンスタインコンサート一人きり移動するはずです。
ギムザングソブ先生の賛辞に加えて私のこの部屋みたいでもない。部屋が消えるということが、想像もアンドエルゴッみたいな ...
電池金目を楽に開いてからもその感じを楽しんでいます。
心配が先に進むのはオデ-オ エデした。好奇心が、全部消えるのではないか心配です。
私が聞いているのはコンピューターのステレオ出力端子来なさいインティエムプスピーカー、こんなに気軽です。

Sound Art   11-12-04 16:50
オーディオシステム 真理 ・実
 http://blog.naver.com/avalon_jkh/100145728657
   

Go TOP
copyright(C) 1981 Original Sound Art Iwakura Japan All Right Reserved.
☎ 0587 - 66 - 8808 , : 090 - 7956 - 6688