GO HOME
ログイン LOGIN
ID
PW
次回から
ログインを省略
- ID、パ スワードを忘れた
- IDを取得
Open all | Close all

昨日 : 51 今日 : 1
最大 : 11,009 全体 : 1,198,543

 2017年 8月
  
  

HOME > 試聴後のご感想やご意見 > リディーマー試聴後のご感想やご意見
   
  狂うそうな満足感 ... 天上の音楽に一歩踏み出したことか? + -
  名前 : Avalon     日付 : 11-11-17 13:55     見る : 3962    

 

 
私の夢のスピーカー "Redeemer In.A"

 
 
リデ-マスピーカーに比べれば子供おもちゃ水準ではあるが ...
現実的に私が持つことができる最善のシステムです.

この世の中リデ-マ だけ抜いては羨ましいこと一つない凄まじいシステムです ^^.
私の事務室にいらっしゃった odan2000様は ...
翌日 OPPO ユニバーサルプレーヤーを求めにハイファイクラブを訪問してから
その所に設置された千万ウォンが超えるブックスェルプスピーカーと彼に繋がれたシステムの音を耐えることができずに
ハイファイクラブ試聴室を走って出たと言います....
ああ ~~ この胸がいっぱい ~~
少なくとも私一人だけ重度の自我陶酔に抜けているのではないね... する安堵感と確信 ...
今日は夕方頃に, 一時オーディオ評論をした "ギムザングソブ"先生が事務室へいらっしゃるはずだが ...
この方の反応はまたどうだろうか分かりたくて, 期待が大きいです.
 
いくらインターネットを探してもこのスピーカーに対する遠慮が見えないです.
このすごくの DC インピーダンスは DVMで測定されることを見たら公称インピーダンスが 8 ohmではなかっただろうか ...
ウムアブは家で使う Silverline Audio SR-15より同じボリュームにも音がもっと大きいことで見て出力 音圧は少なくとも 90dB イサンイルのようです, SR-15よりもっと低い周波数をよく再生することで見て低域限界が 30~35Hz 程度はなったように見えます.

ポリプロピレン系列の 6インチ(稼動部位だけは 5.5インチ) ウーファーと 1インチツイーターで構成された 2ウェイブックスェルプスピーカー ....
グリルは何箇所穴があいて, 外装嶺で使われた薄ら柄木は角ごとに取り離され始めて, ツイーター一側はドライバーでとても強く締めたのかツイーター周辺プラスチックモールディングが仲たがいして見窄らしくて, それに全面より後面の面積がもっと広くておでこみたいな格好悪い姿に

このやつをきれいに扱わなかった歳月が見えるようで労しい地境 ...
こんなやつがこのようにひらひら飛んで這う実力を持ったとはは夢にも分からなかったが
実際に聞かせる音は数千万ウォンハイエンドスピーカーが一つも羨ましくない感じを与えます.
当然可愛らしいですね ...
 

この絵は "登庁感曲線"と言うのに ... 王 永常先生にお会いしながら一番多く思い浮かんだ絵です. もろもろ多様な考えたちが可能でしょう? ^^.
まだまともに整理にならなくて文で書くことは難しいですね

それでは ...

このやや小いブックスェルプヒョングスピーカーでどんな音がしようか?
第一では低域でも苦役でも反応がとても早いという点をあげることができますね ...
苦役は本当にクッガンデない位ツウック~~ 伸びてある曲では "このやつがアルテックインギョ?" という気がするほどです
それでも軽いとか薄いという考えがゾンヒョドルだなくて, 音源の速成をそのままリアルに伝える能力が卓越です.

この音源と言う(のは) ... CDや CDをリピングした無損失音源や ... LPをリピングした音源に構わずに
録音の雰囲気や録音の質を明らかに分かって, LP リピングウムワンはまるでよくセッティングした LPを聞くような感じまで与えるんですよ
低域は ... 机システムとは到底想像図することができない凄まじい低音が出ますが ...
前の私の文で明らかにしたようにスティロポムでやや小い足を作ってスピーカーの震動が机面付きで適当に吸音させています.

今日はあまりにも不思議で机下に頭をデ-ミルで音を聞いて見ました. * *!
机の面付きがまるでウーファーでもなるように ... とても立派にウルオデでありますね.
何, 清秋位置(机の下ではない ^^! ) これほどの音を聞かせたら本当に寝るセッティングされた低域と言う考えがお寺に入ります.
スパイクだから専用スタンドだの ... 防塵ペンスみたいなこと全然使わなくてまるで実際の音響を聞く感じを与えるからね ^^.

ここでもう一度強調したいことが "非震動の震動"です.
ウーファーがひどく搖れそうな音源をかけておいて皆さんのスピーカーを詳らかに観察して見てください ...
聞き取り位置(前)にもスピーカーにぴったりと近付いてスピーカーを 45度くらいななめに見ても一貫されるようにはためいていたら ....

そのまま震動であるだけです.

しかし聞き取り位置で見た時スピーカーの動きを感じることができないが, スピーカーを近くで 45度ななめに見ればこそ
震動を確実に見られたら ... それが "ビジン洞の震動"です.
すなわち, 私はこの現象をスピーカーのピストン運動が雑震動を起こさないという意味で解釈します
言葉でかくかくに説明する方法はあるが ... 直接目で見ることが最善でしょう?

皆さんのスピーカーでテストをして見るように願います.
確かにこんなビジン洞の震動現象のあるシステムがとても良い低域の感じを提供するでしょう.
二度増えた当たり前の言葉だが身代わりバランスがとても良いです.
アルテック音ではないかと思う位に張り上げてつけるが, 全然耳が痛くなくて腹いっぱい支える低域は本当に恍惚そのものです.

ツイーターの材質の柔らかな方ではなく硬くて苦役がトリョッハミョンソにも質感をよくいかしてくれる理由がまさにこの低音に
あるようです.
三番目は前でも言及したいわゆる "質感"をよく表現するものと言いますね ...
 
 

アッチァム~~
話をして見ると一番重要なことをパトリョッグンです ^^!
ウムサング, 音場, 臨場感 ... 同じ話ね?
私が通って見た数少ないハイエンドシステムの再生音が作り上げることとは比較にならない位に良いです.

(イク~ 石投げるのね~) そんなに良く感じた私の家のシステムよりもずっと良いですね ...
それでこの満ちるに王 永常先生にジブエイッヌン来なさいアンプをもう一度点検してくれと頼みも申し上げたんです.

エヒュ ....

百回を言葉にすれば何の所用ですか?
関心ある方がいらっしゃればいつでも状況が承諾する一聞こえて上げたいですね ...
 
 
ps) 昨日明洞のゾングウンゾンザでアルバム店を出したが名前が "カルラスパノ-"と言いますね ...
放送界では DJで有名な "正規号"先生がこちらを担当すると言うんです, ちょっとしたパーティーをしながらまだ完全にセッティングされなかった

システムでフィッシャーディスカウの冬の旅人を含めて手ずから DJをしてくださって楽しく飲んで音楽も楽しんで来ました.
真書里 ... 今日このシステムで先日に集めておいた冬の旅人 50線をするすると聞いて見ていますね ...
多様な音楽をこのように充満する満足で聞くようになってとても嬉しいです ...
^^.

Sound Art   11-11-29 08:44
   

Go TOP
copyright(C) 1981 Original Sound Art Iwakura Japan All Right Reserved.
☎ 0587 - 66 - 8808 , : 090 - 7956 - 6688